top of page

首相、某国に対し最大限の怒りを表明か「遺憾の意」ギネス記録へ

昨今巷を賑わせている某国の侵略行為に対し、首相は怒りと失望を表明する。それにあたり次回国会演説にて”一回あたりの演説における「遺憾の意」発言回数”のギネス記録に挑戦する見込みだ。


「それは...遺憾の意ですね」記録更新に向けて日常的に遺憾の意を表明する首相【合同通信社】

これまで隣国の危険行為や政界の不祥事に対して度々活用されていた「遺憾の意」。現在のギネス記録は3回と言うことだが、首相は二桁を狙いに行くと防衛省関係者は語る。「莫大なリターンはあると側近から唆されている様子が度々目撃されています。非常にリスクは高く、某国は軍事活動を活発化させるに間違いない。」


またこの首相の姿勢に対し外務省関係者は「遺憾の意の意味を某国は理解できない可能性がある。その状況で10回以上連発しても困惑が広がるだけではないか。」一般財団法人遺憾の意表明協会はこの発言に対し遺憾の意を表明しており、軽率な発言は誤解を招く可能性があることを強く追求した。



演説を前日に控えた党会議で、イントネーションや発音など細部にわたる調整を首相は行った。真剣な眼差しで首相を見守る党員達。【合同通信社】

ความคิดเห็น


bottom of page